第11回情報メディア合同研究会にて研究発表・受賞

2020年12月12日~13日にオンラインにて開催された第11回情報メディア合同研究会にてM2 1名,4回生5名,3回生8名が研究発表を行いました.

奥研からは下記の13件の研究発表を行いました.

1日目(12/12)
井手上翔:楽曲への嗜好性がワークアウトの誘導に及ぼす影響の分析
小林秋明:土地利用種別の分布に基づく景観マイニング手法
塩﨑イサム:散策時の発見性向上のための訪問経験に基づく動的散策マップシステムの検討
立森万美子:旅行記に基づくコンプリート指向観光情報推薦
田中俊輝:土地利用種別の見え方に基づく眺望スポットの景観特徴化
山本海夢:観光マップのイラストテイストと地域への興味誘発との関係性分析

2日目(12/13)
井上碧惟:映画ポスターの特徴と映画の内容との関係性分析
五十嵐大輝:コミックの好みとパーソナリティの関係性分析
小川永遠:衣服パッケージ推薦に向けた衣服組合せ効果の分析
門川統也:前提知識獲得のための補助書籍推薦
久保川太智:怠惰の余地を許容したユーザインタラクティブな献立推薦システム
越山希実:楽曲聴取時のコンテキストと感情の関係性分析
田中壱星:クラシック楽曲の感情変化の分析
戸田健太:人の認知に基づく動画間類似度と動画特徴量の関係性分析

さらに,下記学生が受賞しました.
萌芽賞
井手上 翔
立森 万美子